TOPICS

家族みんなでの出産

今回の出産で一番考えた、長女にとって

家族に弟を迎えること。

急に赤ちゃんがおうちに来た。という感じにだけはしたくなかった。

そんなの大人でも戸惑うよね。今日から家族だよ、なんて。

一歳だって話せば理解してくれる、私はそう思っていたので

妊娠中から弟のことを長女に話していた。

お腹の弟に手を当てたり、

おっぱいを吸っている時に私のお腹が張ると

赤ちゃんが痛いって言ってるから

終わりにしようというと大好きなおっぱいを離してくれるようにもなった。

そして、私のお世話になっている産院では

帝王切開の手術もガラス越しに立ち会いできる。

長女には必ず見てほしかった。

手術中、じーっと見ていた娘。

自分の時の事も思い出していたかな。ママのお腹から産まれてきたこと。

そして、新たな命が誕生すること。

きっと理解してくれたと思う。

その日は家に帰ってからも特に夜泣きなくパパと眠り

次の日病室に会いにきた長女。

病室に入るなり、ギャン泣きで私の隣に座らせても目をそらす。

思い出したかな、我慢してたのが溢れたかな。

今日は弟と面会するのはやめて

パパとママで愛情いっぱい包もう。

久しぶりの授乳も。ヒクヒク泣きながら必死におっぱいを吸う。

お姉ちゃんになって頑張ってるよね、ありがとう。

涙がボトボト落ちながら授乳をする。

寝落ちするまで必死におっぱいを吸って

目が覚めた時には元気になっていた。

次の日、大丈夫そうだなと様子を見て弟と面会。

長女はなでなですると頭を触りたがる。

ちょっと照れくさそう。

この日も長女に授乳をして私が長女をなでなでする。

その次の日は、もっと積極的に自分から近寄りなでなでして

抱きかかえ立ち上がろうとしている。

2DDD6E31-7681-41F9-A547-38F4176B92A0.jpeg

もうなんて愛しい、我が子たち。

もう大丈夫!そう思った時、息子が泣いてる時に長女に聞く

おっぱいあげていい?

うんうん!と頷く。


やっと心配は消えたけど、絶対見逃さないように。

甘えたいな、って時は思いっきり甘えさせたい。

お姉ちゃんだから、

なんて言葉は使いたくない。


3B76D1A3-3B92-4B61-8531-C3C80734A6E8.jpeg

私にとってはまだ長女も長男も赤ちゃんだから。

まだ赤ちゃんでいいんだよ。